スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

自分用まとめ カッティングで意識して練習する事

逆アングルのカッティングが楽しくて楽しくて
毎日仕事終って寝るまで4時間とか
チャカチャカズクチャカやってたら

腱鞘炎っぽくなりますた。
手首痛いっす><


ちょっとまずいんでしばらく控えめに弾きまっす><

んでその間に、色々とカッティングのコツってか
判った事をまとめておきまっす。

1、とにかくリズムに乗る、メトロノーム、ドラムのバスドラ、スネア、ハイハットに合わせる。
2、ピックは逆アングルで弦に対して殆ど垂直に当てる。ストロークの軌道と逆アングルのピックのエッジが
完全に一致している。音が1つに固まって聞こえる。弦を切るイメージ、まさにカッティング。
3、腕の回転ってか手首の回転、要するに回外回内の動きで弾く。手首は脱力してること。
4、トップノートを弾く。これから述べる手首のスナップやアクセント、ピックの力の入れ方全てトップノートに頂点がある。
5、スナップについて、肘から先が柔らかいムチになったイメージ、手を洗って水を振り払うイメージ。腕の回転から→折り曲げた手首→指の関節→指先→ピックの先端へと順番に力が伝わって行き、最後の最後にシュパーンとトップノートを弾きぬく。
6、ピックは落としそうなくらい緩く握ってる時と、弦を切り抜く位に強く握ってる瞬間とがある。
いつも緩いわけではないし、いつも強く握ってるわけでもない。
7、ピックの軌道をヘッド側から見ると、弦に対してV字型の弧を描く。ボディにえぐれる様に入ってまた抜けて行く感じ。
8、弦にピックが垂直に振り降ろされる様に、肘の位置を少し下げる。ネックの角度は水平に。
9、16のハネるカッティングについて。


長くなりそうなんで追記で


クリックしてランクアップにご協力下さい。

ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
続きを読む
スポンサーサイト
01:07 | 練習 リズム | comments (8) | edit | page top↑

和製英語 チョーキングとカッティング その2

先日、とある方のブログにお邪魔した所
トメスケさんという方が、この動画を紹介されてました。↓



何でか秒数指定が出来ない><
この動画素晴らしいんですけど、特に刺激受けたのが
2:47あたりからの、逆アングルでカッティングするって所。
黒人さんが逆アングルでやってるってのは知ってたけど
勝手にアレは出来ないと思ってた。

んで、この動画を見て、逆アングルやってみたら

スゲェ切れる!!

いままでのわしのカッティング練習は何だったんだって位
キレが変った!!
もう弦をズバズバ切って行くイメージ。ホント大革命が起こりました。
んで色々検索したんだけど、この方とかもピック振り上げた時は
やっぱ逆アングルっぽいですね。



この方もそんな感じ



これは絶対逆アンで練習した方が良いと思ったんで
練習しますた。
ここ4、5日ずっとチャカチャカズクチャカやってました。
もう楽しくて><
それから、昔難しくて全然出来なかった跳ねる16のカッティングも
何か要領が判って来て出来るようになって来ました!!
逆アングルスゲェ〜〜〜〜

でもそんなに上達したわけじゃないっすけど
動画撮ってみました。

CHIC LE FREAK BPM=100



メトロノームと合わない><
キレキレっと思っとたけど実際見たら
そうでもないっ><
あと振り上げ方が小さいからアクセントが付いてないっ><

っと自己反省点が色々見えて来ました。
これも頑張って練習して行きます。
カッティング楽しす〜〜〜
目指すはLE FREAK と BAD FELLING 完全制覇だぜ 笑

ではでは〜〜

クリックしてランクアップにご協力下さい。

ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
22:56 | 練習 リズム | comments (6) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。