スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

愛機紹介 その2

ギター再開して購入した愛機の紹介続きです。



左から
ギブサンLPカスタムプリンスメロンとなおやじスペシャル
TOKAI LS100F  BLUE-D
TOKAI LG50Q  STR
HALLY  SPLENDOR SERIES



某所オーダーメイド
ギブサンLPカスタムプリンスメロンとなおやじスペシャル

ボディ:3Aキルテッドメイプルトップ+メイプル/4Pマホガニーバック
ネック:マホガニー セットネック
指板:エボニー 22フレット ミディアム624ミリ
ピックアップ:エピフォン57CH→ダンカンJB/59
コントロール:2ボリューム、2トーン、3WAYトグルスイッチ
ブリッジ:TUNE-O-MATIC ストップテイルピース
中国製




ギブソンじゃないっすからね、ギ ブ サ ン ですからねw
「趣味のオーダーメイドギター」の某所でオーダーしたレスポールタイプ。
TOKAI LG50Qを弾きながらもやっぱレスポールは欲しいと思ってた。
わしがバンドやってた頃って、レスポールはサンバーストか白,黒くらいしか
選択肢が無かった。それが現在は素晴らしい!!本家ギブソンでもいろんなカラーが楽しめる。そんな中で気になったカラーがイグアナバーストだった。
すげぇぇ~~今はこんなカラーのレスカスがあるのか!!
でも価格も凄かったw

イグアナ色の安いコピーモデルを捜したら
FERNANDES/BURNYにあった。けどそれはスタンダードでしかも何所も売り切れ状態、、、
そんな中でたまたま見つけたのが某所のブログだった。中国の工場とOEM契約で格安でオーダーを受け付けている。カラーも仕様もかなり自由にオーダー出来る。(現在はオーダー受付はやっておりません)
  
早速わしも自分の希望をふんだんに盛り込んだ仕様でレスポールカスタムを
オーダーした。

色はイグアナグリーンの中央部を少しオレンジっぽくしてプリンスメロンみたいなイメージ。
ネックジョイントはヒールカットとボディ右後ろにはコンター加工でハイポジションも楽々に。
トラスロッドカバーに名前入れ。輝かしいギブサンのインレイは当然アバロン。
ポジションマークにはスーパーカスタム系デザインのアバロン貝&白蝶貝コンビネーション。








オーダーから4ヶ月、届いた梱包を開けた時は本当に嬉しかった。
これで理想のルックス最強のレスカスを手に入れたと思ってた。
実際に微調整しつつ弾き込んでみるまではねw

アンプに通して弾いてみてエピ57CHの音色が非力でコシがないって感じたので
PUを定番のダンカンJB/59に交換する事にした。ついでに電装もスイッチクラフトやビタミンに全交換、内部のシールドアルミ箔でやり直し、リアのエスカッションをSHADOW E-Tunerに交換、ペグのトルクが不安定なのでキクタニの安いヤツと交換。
スピードノブも金色に、ピックガードもアクリルのクリアタイプを自作した。
テイルピースにFIXERを装着して鳴りとサスティンを稼いた。

そしてなんか1弦6弦の特定ポジションでビビるなって思って、
多分これはネックが安定してないからだと思って、トラスロッドや弦高調整をやってみたが
全く改善しない,,,変だなって思ってたら

1弦6弦10数ヶ所のフレット浮きが原因だと判りますた!!!




これには参った><
某所にクレーム入れてももう改造してギターをいじくってるし、規約上もどうしようもないと思ったので、自分でリペアして直すと決心しました。

ネットでググって対処法を調べつつ道具を揃えている所です。
絶対直して弾きまくるぞ~~

現在こんな感じで改造は進んでます。





本当このギターはフレット浮きさえ無ければ、ルックスもネックの状態も最高でした。ヒールカットでハイポジも楽々だったし。

プリンスメロンのリペアと改造はいずれ別記事でまとめていきたいと
思っております。
スポンサーサイト
00:44 | 愛機紹介と改造 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
愛機紹介 その3 | top | 愛機紹介 その1

Thank you for your comments!

# No title
ボクもボワーーンとした音はあんまり好きじゃないので、いずれPUは交換すると思います☆

ルックスもネックも最強なのに、フレット浮きは残念ですね。。。。。。一度抜いてハメ直しでしょうか??

追加の記事、楽しみにしております☆削除
2013/11/15(金) 午後 2:14[ ディープ パープリン ]
顔アイコンディープさんとこにも書き込みましたが、エピのPUが本家ギブソンより良い音すると本家が売れなくなってしまいますよねw

弾いてみて思ったのですが、確かにクセのないハムバッカーの音ですけど、やっぱコシがない、中域の美味しい所の音が出てない。わしはそう感じました。

あまり考えずにダンカンの定番JB/59に替えたのですが
今はEMGにしようかと思ってます。
昔Gibsonのレスカス、EMG搭載ザックワイルドモデル借りてコンテスト出た事があって、その音のパワフルさとエグさを思い出したのです。
最近のEMGは黒だけじゃなくて金やグロームのカバー付いたのもあるし、何よりコントロールポット類一式付属していて、ハンダ付けせずにコネクターで差し込むだけと言うお手軽さが魅力ですよね。ローインピーでノイズも少ないし。

フレットは食いきりで引っこ抜いて打ち直し、それでビビるならさらに擦り合せって流れになりそうっす。

頑張りまっす~~削除
2013/11/17(日) 午前 1:55[ となおやじ ]
by: コメントコピペ | 2014/09/02 22:55 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://guitartona.blog.fc2.com/tb.php/20-6cfb7a73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。